コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護岸 ごがんrevetment

翻訳|revetment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

護岸
ごがん
revetment

海岸の,水ぎわの浸食防止のために造られる工作物法覆工 (のりふくこう) ,法止工,根固め工の3部分から構成される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ご‐がん【護岸】

水害を防ぐため、河岸・海岸を堤防などで保護・補強すること。また、その施設

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

護岸【ごがん】

海岸,河岸などで,水流や波浪の浸食破壊を防ぐために,地盤の表面や堤防の法面(のりめん)を覆って保護する構造物。河川の護岸には洪水時の堤防保護を目的とした高水護岸と,低水路の流れを安定させるとともに高水敷の洗掘を防ぐための低水護岸,堤防の全面を直接保護する堤防護岸がある。
→関連項目岸壁蛇籠

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごがん【護岸 revetment】

河岸や河川の堤防が流れによって崩壊するのを防いだり,あるいは海岸において波浪や高潮,津波によって地盤や堤防が浸食されるのを防ぐため,地盤の表面や堤防の法面(のりめん)を覆って保護する構造物。河岸や海岸にあたる流れや波浪などの勢いを減殺するため,護岸の基礎の前面水制を設けたり,コンクリートブロック捨石を置き,これらの施設と一体となって護岸としての機能をもたせることもある。この場合,河川では護岸水制と呼び,海岸の場合は,波のエネルギーを減殺する目的で護岸の前面に置かれたコンクリートブロックや捨石を消波工と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごがん【護岸】

川岸・海岸の堤防などを補強して、洪水や高潮などの水害から守ること。また、そのための施設。 「 -工事」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

護岸
ごがん
revetment

河岸または海岸の現地盤をコンクリート、アスファルト、石材などで被覆して侵食から守り、河水、海水などが陸側へ浸入するのを防ぐ施設。河川では広い意味に用いるとき、岸から川の中へ突き出す水制という工作物をも護岸に含めることもあるが、一般的には河岸もしくは堤防を保護する施設をいう。
 河川護岸は法覆(のりふく)工、法留(のりどめ)工、根固(ねがた)め工の3部分からなる。法覆工は、流勢に応じて芝、蛇籠(じゃかご)、石、コンクリート、アスファルトなどによって法面を保護し、法留工は、杭(くい)、土台木、矢板などによって斜面の滑り出しを防ぎ、根固め工は、沈床(ちんしょう)、捨石(すていし)、蛇籠、枠工、コンクリート異形ブロックなどを用いる。
 海岸護岸では越波を防ぐため、波返しまたは胸壁をつけることが多く、法面の被覆もほとんどの場合コンクリートである。波による護岸基部の洗掘に対しては、捨石、消波ブロックなどを用いて根固め工を施す必要がある。護岸施設は古来から各地で用いられており、昔からの経験を生かした種々の工法がある。[堀口孝男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

護岸の関連キーワード京都・乙方(おつかた)遺跡プレパックド・コンクリート粗籠・荒籠・粗篭・荒篭エンジニアリング ヒロ草竹コンクリート工業エグリミズタマムシ旭コンクリート工業テトラポッド武井工業所塩津港遺跡乱杭・乱杙河川法改正榎 市次郎津波防波堤榎市次郎親水公園纏向遺跡蛇籠蓮根織田ヶ浜海岸工学

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

護岸の関連情報