コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田かぶ

デジタル大辞泉プラスの解説

津田かぶ

島根県出雲市で生産されるカブ形状勾玉に似て、外皮は赤紫色で中は白い。肉質は緻密で、主に漬物に加工される。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

津田かぶ[根菜・土物類]
つだかぶ

中国地方、島根県地域ブランド
主に松江市津田地区で生産されている。近江国(現・滋賀県)から導入した品種を改良し、江戸時代から栽培が始まったという。地上部は赤紫色、地下部は白色。勾玉のように曲っている。肉質はやわらか。主に糠漬けとして利用されるため、1週間ほど干し乾燥させてから出荷される。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

津田かぶの関連キーワード島根県出雲市中国地方