コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津田道夫(読み)つだ みちお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

津田道夫 つだ-みちお

1929- 昭和後期-平成時代の評論家。
昭和4年5月14日生まれ。六○年安保闘争で全学連の主要な思想のひとつをなしたトロツキズムを分析して「現代のトロツキズム」を出版。「現状分析」を主宰し,昭和36年共産党を除名される。のち「障害者の教育権を実現する会」の運動に参加した。埼玉県出身。東京教育大卒。本名は浅見浩。著作はほかに「国家と革命の理論」「国家と意志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android