コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

流光斎如圭 りゅうこうさい じょけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

流光斎如圭 りゅうこうさい-じょけい

?-1810? 江戸時代中期-後期の浮世絵師。
大坂の人。蔀関月(しとみ-かんげつ)にまなぶ。上方様式の役者絵を確立し,寛政4年ごろから役者錦絵をかく。芝居関係本や読み本などの挿絵も手がけた。文化7年?死去。姓は多賀。通称は慈平,子健。作品に「画本行潦(にわたずみ)」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

流光斎如圭の関連キーワード松好斎半兵衛

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android