流線型(読み)りゅうせんけい

百科事典マイペディアの解説

運動している流体中で,表面から境界層がはがれにくい物体の形。そのため乱流が発生せず,流れの抵抗が小さくなる。飛行機の翼や胴体,列車,自動車などの形に応用される。物体の速度が音速を超えると,衝撃波が生じて抵抗が増大し,普通の流線型が最も抵抗が小さい型とは限らない。
→関連項目新幹線

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android