コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄清 じょうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄清 じょうしょう

1703-1765 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)16年生まれ。浄土宗。生家は江戸湯島の酒造家。両親の没後,家産を処分して享保(きょうほう)10年芝成覚寺の団誉のもとで出家。麻布(あざぶ)に庵(いおり)をむすんで念仏三昧(ざんまい)の生活をおくった。明和2年9月13日死去。63歳。俗名は伊勢屋喜太郎。号は本蓮社願誉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の浄清の言及

【大西浄清】より

…羽落(はおち)は少なく,毛切(けきり)が多い。普通,鐶付(かんつき)には肌を入れないが,浄清は鐶付にも入念に肌を入れ,総体にきれいな釜作をした。茶の湯釜のほかに日光大猷院前銅灯台,品川東海寺の梵鐘なども手がけている。…

※「浄清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

浄清の関連キーワード口腔洗浄器大西浄林小堀遠州大西浄清皇后宮職古田織部大西定林璞巌衍曜宮崎寒雉大矢透土師器茶釜