コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浄清 じょうしょう

1件 の用語解説(浄清の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浄清 じょうしょう

1703-1765 江戸時代中期の僧。
元禄(げんろく)16年生まれ。浄土宗。生家は江戸湯島の酒造家。両親の没後,家産を処分して享保(きょうほう)10年芝成覚寺の団誉のもとで出家。麻布(あざぶ)に庵(いおり)をむすんで念仏三昧(ざんまい)の生活をおくった。明和2年9月13日死去。63歳。俗名は伊勢屋喜太郎。号は本蓮社願誉。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の浄清の言及

【大西浄清】より

…羽落(はおち)は少なく,毛切(けきり)が多い。普通,鐶付(かんつき)には肌を入れないが,浄清は鐶付にも入念に肌を入れ,総体にきれいな釜作をした。茶の湯釜のほかに日光大猷院前銅灯台,品川東海寺の梵鐘なども手がけている。…

※「浄清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

浄清の関連キーワード中野碩翁豊竹座小野寺十内竹本座過疎現象と市区町村合併自伝自伝文学ロマンス医学館蜘蛛の糸

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浄清の関連情報