山科李蹊(読み)やましな りけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科李蹊 やましな-りけい

1702-1747 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)15年生まれ。山科広安の子。代々朝廷の侍医で,法印となり,仙寿院と号した。また墨竹画にすぐれ,平安四竹のひとりといわれた。延享4年8月8日死去。46歳。京都出身。名は元富。(あざな)は子潤。通称宗安著作に「幼科秘伝口訣」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山科李蹊 (やましなりけい)

生年月日:1702年1月4日
江戸時代中期の医師
1747年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android