コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科李蹊 やましな りけい

1件 の用語解説(山科李蹊の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科李蹊 やましな-りけい

1702-1747 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)15年生まれ。山科広安の子。代々朝廷の侍医で,法印となり,仙寿院と号した。また墨竹画にすぐれ,平安四竹のひとりといわれた。延享4年8月8日死去。46歳。京都出身。名は元富。字(あざな)は子潤。通称は宗安。著作に「幼科秘伝口訣」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山科李蹊の関連キーワードウィリアム岩村藩アン女王ウィリアムアン周藤弥兵衛笠間藩ロシア演劇竹田出雲(初代)桃園天皇

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone