コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅井草春 あさい そうしゅん

2件 の用語解説(浅井草春の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

浅井草春

江戸前期の書家・医家。山城生。字は白一、初名は将成。浅井延斎の養子となり医をつぐ。里村紹巴門人。医・騎・射・謡曲・茶礼・連歌に通達し、特に書を能くする。茶道は有楽流をおさめた。延宝9年(1681)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅井草春 あさい-そうしゅん

1606-1681 江戸時代前期の書家,医師。
慶長11年生まれ。幕臣の子。浅井延斎の養子となり医業をつぐ。六芸(りくげい)に通じ,とくに書にすぐれ門弟700人といわれた。茶道は有楽(うらく)流をおさめた。天和(てんな)元年死去。76歳。山城(京都府)出身。字(あざな)は白一。旧名は将成。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

浅井草春の関連キーワード井出松翠梅村源七大岡孚斎孝以佐々木晦山素松堂寺沢友斎白雲子堀江逸風本目親信

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone