浅山一伝斎(読み)あさやま いちでんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浅山一伝斎 あさやま-いちでんさい

1610-1687 江戸時代前期の剣術家。
慶長15年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。国家(くにか)弥右衛門に抜刀一伝流をまなんで奥義をきわめ,浅山一伝流をひらいた。いわゆる寛永御前試合で伊庭(いば)如水軒と技をきそい,勝利をおさめたという。貞享(じょうきょう)4年1月5日死去。78歳。名は重晨。幼名は三五郎。通称は内蔵助。伝書に「浅山一伝流小具足之巻」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android