伝書(読み)デンショ

デジタル大辞泉の解説

でん‐しょ【伝書】

家に代々伝わる書物。また、秘伝や奥義(おうぎ)などを記した書物。「秘蔵の伝書
書類・手紙などを先方に伝えること。「伝書使」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

でんしょ【伝書】

書状を伝えること。
秘伝などを記した書。代々伝わってきた書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

でん‐しょ【伝書】

〘名〙
書物を後世に伝えること。また、その家、流派などに代々伝わってきた書物。伝家の書。〔文明本節用集(室町中)〕
※浮世草子・西鶴織留(1694)七「東方朔が伝書(デンショ)にも見合せ」
書状を送ること。また、送られた書状。
※杜詩続翠抄(1439頃)一二「吾処へ伝書かとすれば」 〔李白‐訪道安陵遇蓋寰為余造真籙臨別留贈詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝書の関連情報