コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅草岳 あさくさだけ

2件 の用語解説(浅草岳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅草岳
あさくさだけ

福島・新潟の両県境,越後山脈にある火山。標高 1585m。山頂から北東にゆるやかな裾野が広がり,南東側は急斜面で,北西側には古い爆裂火口がある。豪雪地域のため比較的低い谷間にも雪渓が残り,草原も広がる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅草岳
あさくさだけ

福島県南会津郡只見(ただみ)町と新潟県魚沼(うおぬま)市との境にある火山。標高1585メートル。第三紀層の基盤岩の上に、第四紀の初めころ噴出した輝石安山岩の溶岩と砕屑(さいせつ)岩とが互層をなしてのっている。山頂から北東に向かって1200メートル付近まで緩やかな裾野(すその)を引くが、南東側には急斜面が連なり、北西側には古い爆裂火口壁がある。豪雪地域のため残雪が豊富で、広い眺望とともに人気がある。越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園の一部。JR只見線田子倉(たごくら)駅などから登山ルートがある。[中村嘉男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の浅草岳の言及

【越後山脈】より

…おもな山地列は脊梁山脈とほぼ平行して走り,南から北へ向かって徐々に高度を下げる。南部に標高2100~1500mの駒ヶ岳(福島県,2132m),未丈ヶ岳(1553m),毛猛(けもう)山,中央部に更新世前半の噴出と考えられる浅草岳(1586m),守門(すもん)岳(1538m)の火山群がある。北部ではやや高度を下げ1300~700mの駒形山,矢筈岳,粟ヶ岳(1293m),日本平山(1081m)の西部の山地列と,貉(むじな)ガ森山,御神楽(みかぐら)岳(1386m),土埋(つちうめ)山の東部の山地列とに分岐する。…

※「浅草岳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅草岳の関連情報