コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入広瀬 いりひろせ

2件 の用語解説(入広瀬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

入広瀬
いりひろせ

新潟県南東部,魚沼市北東部の旧村域。魚野川の支流破間川流域にある。 2004年堀之内町,小出町,湯之谷村,広神村,守門村と合体して魚沼市となった。破間川とその支流黒又川の電源開発によるダムを中心とした観光産業に力を注ぐ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

入広瀬
いりひろせ

新潟県中東部、北魚沼(きたうおぬま)郡にあった旧村名(入広瀬村(むら))。現在は魚沼市の北東部を占める一地区。2004年(平成16)堀之内(ほりのうち)町、小出(こいで)町、湯之谷(ゆのたに)村、広神(ひろかみ)村、守門(すもん)村と合併して市制施行、魚沼市となる。旧村域は、東部を福島県と接し、破間(あぶるま)川上流を占める純山村。越後三山只見(えちごさんざんただみ)国定公園地区に入る守門岳、浅草岳などの守門火山群に囲まれ、古くから南会津(みなみあいづ)御蔵入郷(おくらいりごう)の峠越えで有名な八十里越(ごえ)、六十里越の通り道として知られた。穴沢(あなざわ)地区は、中世犬飼貞長(いぬかいさだなが)の居城のあった所で、近世は会津街道の関所が大白川(おおしらかわ)に置かれた。1971年(昭和46)現JR只見線が開通し、六十里越は国道252号の通り道となった。また黒又(くろまた)川には第一、第二ダムもつくられ観光地に変わっている。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入広瀬の関連キーワード新潟県魚沼市魚野地新潟県南魚沼市岡新潟県南魚沼市奥新潟県南魚沼市北田中新潟県南魚沼市坂戸新潟県南魚沼市清水新潟県南魚沼市関新潟県南魚沼市原新潟県南魚沼市北辰新潟県南魚沼市宮

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

入広瀬の関連情報