コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

越後山脈 えちごさんみゃく

7件 の用語解説(越後山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

越後山脈
えちごさんみゃく

新潟県東部,福島県西部,群馬県北西部にまたがる山脈。広義には朝日山地飯豊山地,上越山地の各山地と三国山脈帝釈山脈の総称。山体は秩父古生層に貫入した花崗岩や閃緑岩からなる。 2000m級の険峻な壮年期の山々が連なり,太平洋斜面と日本海斜面との脊梁山脈を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

えちご‐さんみゃく〔ヱチゴ‐〕【越後山脈】

新潟・群馬・福島3県にまたがって連なる山地。朝日山地飯豊(いいで)山地・上越山地の総称。広くは、三国山脈帝釈(たいしゃく)山脈を含む。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

越後山脈【えちごさんみゃく】

新潟・福島県境をなす山地を主軸とする脊梁山脈。範囲は定説がなく,広義には朝日山地飯豊山(いいでさん),三国山脈,帝釈(たいしゃく)山脈を含む。主脈は秩父古生層に貫入した花コウ岩,セン緑岩からなり,阿賀野川只見川などが谷を刻む。
→関連項目会津盆地新潟[県]福島[県]山形[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

えちごさんみゃく【越後山脈】

山脈の境界についての定説はなく,広義には山形,新潟,福島,群馬,長野の5県にまたがる脊梁山脈を指すが,狭義には阿賀野川以北の朝日山地,飯豊(いいで)山地(飯豊山)を分離し,西は新発田(しばた)‐小出地質構造線,東は大川,伊南川によって区分する。南の三国山脈との境界は不明瞭であるが,山地の標高,連続性を手掛りとすると,只見川とその支流北ノ又川,枝折(しおり)峠,佐梨川とを結ぶ線によって,利根川源流の山地と越後三山とを分離する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

えちごさんみゃく【越後山脈】

新潟・群馬・福島三県の県境に連なる山脈。北は阿賀野川をはさんで飯豊いいで山地と相対し、南は三国山脈に接する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔群馬県(新潟県・福島県)〕越後山脈(えちごさんみゃく)


群馬県北部から新潟・福島県境を走る山脈。駒ヶ(こまが)岳(越後駒ヶ岳。標高2003m)・中ノ(なかの)岳・八海(はっかい)山の越後三山から北へ延び、漸次高度を下げる。広義には北の飯豊(いいで)山地・朝日(あさひ)山地の両山地、東の帝釈(たいしゃく)山脈、南の三国(みくに)山脈を含む。標高1500~2000m級の峻険な壮年期の山岳地形で、只見(ただみ)川などの諸河川が急流を刻み、峡谷美で知られる。豊富な包蔵水力をもつ日本屈指の電源地帯になっている。主要部は越後三山只見国定公園に属し、北部の飯豊・朝日両山地は磐梯(ばんだい)朝日国立公園の一部。南部の尾瀬ケ原一帯は2005年(平成17)にラムサール条約に登録、2007年(平成19)に日光国立公園から独立し尾瀬国立公園に指定された。ブナ・ナラ原生林が広く分布。ヒメサユリなどの高原植物の群生もみられる。カモシカ・ツキノワグマが生息。越後三山は古来信仰の対象とされ、周辺には大湯(おおゆ)・駒ノ湯など温泉が多い。ダム湖の田子倉(たごくら)湖・奥只見(おくただみ)湖は行楽地として人気。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

越後山脈
えちごさんみゃく

新潟県と山形・福島・群馬3県の県境を北東―南西に走る脊梁(せきりょう)山脈。南西部は三国(みくに)山脈に接続する。その主軸は東北日本を構成する大八洲(おおやしま)造山帯の古期褶曲(しゅうきょく)帯に属する出羽(でわ)山地の延長で、山体は秩父(ちちぶ)中・古生層に貫入した花崗(かこう)岩類や閃緑(せんりょく)岩からなり、第三紀鮮新世直後の激しい地盤運動を受けて隆起し、山頂部は花崗岩類の壮年期的侵食によって、峻険(しゅんけん)な山容を呈している。北部は大朝日岳(1871メートル)を中心とする朝日山地と、葡(蒲)萄(ぶどう)山地が並列し、その間に三面(みおもて)盆地などの山間盆地が発達する。その南には荒川峡を隔てて、飯豊(いいで)山(2105メートル)、大日(だいにち)岳(2128メートル)、二王子(におうじ)岳(1420メートル)などの分派する雄大な飯豊山地が続き、東北型山岳美の山容を誇り、磐梯(ばんだい)朝日国立公園地区に指定されている。その前山をなす第三紀の櫛形(くしがた)丘陵、五頭(ごず)丘陵は新潟県の胎内(たいない)二王子県立自然公園、五頭連峰県立自然公園に指定されている。さらに阿賀野(あがの)川を越えて東蒲原(ひがしかんばら)郡に入ると、粟(あわ)ヶ岳(1293メートル)、駒形(こまがた)山(1072メートル)などを主峰とする駒形山地が続き、新潟県の奥早出粟守門(おくはやであわすもん)県立自然公園に指定されている。南端は守門岳(1537メートル)、浅草岳(1585メートル)などの鳥海(ちょうかい)火山群と、八海(はっかい)山(1778メートル)、中ノ岳(2085メートル)、駒ヶ岳(2003メートル)などの連なる越後三山、および荒沢(あらさわ)岳(1969メートル)、平(ひら)ヶ岳(2141メートル)などの県境山地で構成される銀山(ぎんざん)山地が国有林樹海をなし、越後三山只見(ただみ)国定公園に指定されている。かかる2000メートル級の山容と、峡谷美は最大観光資源であるとともに、反面、東西交通の大きな障害となり、わずかに雷(いかずち)峠、鳥井峠、八十里越(ごえ)、六十里越などの古い峠越えが他県への通り道になっている。また、奥三面、大白川などの奥地落人(おちゅうど)伝説村もある。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

越後山脈の関連キーワード長白山脈長白山讚岐山脈帝釈山脈群馬県北群馬郡吉岡町大久保群馬県北群馬郡吉岡町上野田群馬県北群馬郡群馬県北群馬郡吉岡町北下群馬県北群馬郡榛東村長岡群馬県北群馬郡吉岡町南下

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

越後山脈の関連情報