コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜松図屏風 はままつずびょうぶ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浜松図屏風
はままつずびょうぶ

海辺の松林を描いた屏風。 14世紀の絵巻の画中画にみえ,室町時代やまと絵画題として盛んに制作されたと思われる。遺品では里見家,小坂家,東京国立博物館蔵のものが室町時代末期の土佐派の手になるものと考えられる。東京国立博物館本は風俗画花鳥画の要素も多くみられる。土佐派以外でも海北友松筆と伝えられるもの (宮内庁) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

浜松図屏風の関連キーワード土佐光茂

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浜松図屏風の関連情報