コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田城 はまだじょう

日本の城がわかる事典の解説

はまだじょう【浜田城】

三重県四日市市にあった城。1470年(文明2)に、田原孫太郎景信の三男田原美作守忠秀が築いたといわれる。その後、子孫の藤綱元綱が入城し、この城を拠点に一帯を領有したが、1575年(天正3)の織田信長の伊勢侵攻で、信長の部将滝川一益に攻められて落城し、廃城となった。現在、城跡は鵜森神社の境内になっており、神社の周囲に土塁が残っている。また、同神社南側の池は、かつての浜田城の堀の一部である。近鉄名古屋線近鉄四日市駅から徒歩約5分。◇鵜森城ともよばれる。

出典|講談社日本の城がわかる事典について | 情報

浜田城の関連キーワード浜田海岸県立自然公園島根県浜田市殿町三重県四日市市属甚五左衛門石川厚狭介大朝[町]松平武聡井上奨輔古田重治今村一正亀井茲政浜田市松阪城浜田藩石見瓦

浜田城の関連情報