コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浜田城 はまだじょう

1件 の用語解説(浜田城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

はまだじょう【浜田城】

三重県四日市市にあった城。1470年(文明2)に、田原孫太郎景信の三男田原美作守忠秀が築いたといわれる。その後、子孫の藤綱・元綱が入城し、この城を拠点に一帯を領有したが、1575年(天正3)の織田信長の伊勢侵攻で、信長の部将の滝川一益に攻められて落城し、廃城となった。現在、城跡は鵜森神社の境内になっており、神社の周囲に土塁が残っている。また、同神社南側の池は、かつての浜田城の堀の一部である。近鉄名古屋線近鉄四日市駅から徒歩約5分。◇鵜森城ともよばれる。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浜田城の関連キーワード四日市大学三重銀行四日市看護医療大学近鉄百貨店 四日市店フォーリン四日市市文化会館四日市ドームララスクエア四日市四日市コンビナート平田佐矩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浜田城の関連情報