コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善隣国宝記 ぜんりんこくほうき

6件 の用語解説(善隣国宝記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善隣国宝記
ぜんりんこくほうき

室町時代の鹿苑院の僧録司,瑞渓周鳳の著。3巻。文明2 (1470) 年成立。周鳳は足利義政に信任されて多くの外交文書を作成したが,本書は外交資料および周鳳の外交批判を著わしている。『続群書類従』所収。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぜんりんこくほうき【善隣国宝記】

室町中期の外交史書。3巻。瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)著。文明2年(1470)ごろ成立。古代から室町中期に至る日本と中国朝鮮半島との外交史と、室町幕府の外交文書などからなる。日本外交の通史であるとともに、室町期の外交の実態を知る基本史料。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

善隣国宝記【ぜんりんこくほうき】

室町時代の外交史書。3巻。相国(しょうこく)寺僧瑞渓周鳳〔1391-1473〕著。1470年成立。上代から15世紀後期までの外交史を記し,中国・朝鮮と幕府との間に取りかわされた公文書などを収める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんりんこくほうき【善隣国宝記】

室町時代の外交書。瑞渓周鳳(ずいけいしゆうほう)著。3巻。1470年(文明2)成立。上巻は1357年から92年までの編年外交史で,おもに虎関師錬著《元亨釈書》が引用されている。中巻は1398年から1475年までの明・朝鮮との間で往復された外交文書,下巻は同じく1433年から86年までの別幅をそれぞれ収めている。このうち1470年以降のものは後人の加筆と考えられる。本書は外交文書作成にあたる臨済僧の規範となり,江戸初期の西笑承兌金地院崇伝(こんちいんすうでん)にいたるまで参照していたと考えられ,後世まで大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぜんりんこくほうき【善隣国宝記】

史書。三巻。瑞渓周鳳ずいけいしゆうほう著。中国・朝鮮との古代からの交渉史の略説と、1398年から1486年までの外交文書を収録する。1470年成立。70年以降は後人の加筆か。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善隣国宝記
ぜんりんこくほうき

和泉(いずみ)国堺(さかい)(大阪府堺市)出身の臨済(りんざい)宗の僧瑞渓周鳳(ずいけいしゅうほう)が著した漢文の外交史・外交文書集。三巻。1466年(文正1)の自序があるので、そのころにいちおうの稿本ができあがり、中巻の後記によって1470年(文明2)に完成したと考えられる。上巻は、古代から14世紀末の1392年(元中9・明徳3)までの僧の往来を中心とする外交の年代記的記述であり、中・下巻は、1398年(応永5)以降の明(みん)や朝鮮と往復した外交文書を収録している。室町時代の外交史の史料として重要である。なお、足利義満(あしかがよしみつ)の外交文書について、義満が日本国王を称したこと、明の暦を使用したことなどを批判している点はよく知られている。『改訂史籍集覧 21』『続群書類従 30輯(しゅう)上』所収、中島竦校訂『新訂善隣国宝記』(1932)がある。[黒田日出男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

善隣国宝記の関連キーワード四河入海瑞渓周鳳臥雲山人湖月瑞桂周鳳旃室周馥松井慶四郎祐乗坊瑞景綿谷周瓞三魔

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone