浜田杏堂(読み)はまだ きょうどう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

浜田杏堂 はまだ-きょうどう

1766-1815* 江戸時代後期の医師,画家。
明和3年生まれ。大坂の人。医師の浜田氏の養子となり,名医としてきこえた。画を福原五岳(ごがく)にまなび,のち元(げん)・明(みん)(中国)の画をまねて山水人物花鳥をこのんでえがいた。行書も得意とした。文化11年12月22日死去。49歳。本姓は名和。名は世憲。字(あざな)は子徴。別号に希庵など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android