コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和 なわ

4件 の用語解説(名和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名和
なわ

鳥取県西部,大山町中北部の旧町域。大山北麓から日本海に面する。 1954年御来屋 (みくりや) 町と庄内村,名和村,光徳村の3村が合体して発足。 2005年大山町,中山町と合体して大山町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

なわ【名和】

姓氏の一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名和
なわ

鳥取県北西部、西伯(さいはく)郡にあった旧町名(名和町(ちょう))。現在は大山(だいせん)町の中北部を占める地区。大山の北麓(ほくろく)、日本海に臨む。旧名和町は1954年(昭和29)御来屋(みくりや)町と庄内(しょうない)、光徳(こうとく)、名和の3村が合併して成立。2005年(平成17)3月大山町、中山(なかやま)町と合併。旧町域の海岸部をJR山陰本線、国道9号が通じる。中心の御来屋は中世皇室領伯耆御厨(ほうきみくりや)の一つとみられる。1333年(元弘3・正慶2)名和荘(なわのしょう)の豪族(地頭)名和又太郎(またたろう)長年(ながとし)は、隠岐(おき)から遷幸(せんこう)の後醍醐(ごだいご)天皇を擁して船上山(せんじょうさん)に拠(よ)り、建武(けんむ)新政の先駆となった。御来屋は近世伯耆街道の宿場町。名和には長年らを祀(まつ)る名和神社がある。鳥取藩主池田光仲(みつなか)が氏殿権現(うじどのごんげん)を創建したのに始まり、付近には名和一族の墳墓などがある。大山山麓には地域休養施設夕陽の丘神田(ゆうひのおかかんだ)や旧開拓地がある。米作のほか二十世紀ナシ栽培、酪農、養豚、海産物ではアジ、ブリなどが水揚げされる。[岩永 實]
『『名和町誌』(1978・名和町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名和の関連情報