コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和 なわ

4件 の用語解説(名和の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名和
なわ

鳥取県西部,大山町中北部の旧町域。大山北麓から日本海に面する。 1954年御来屋 (みくりや) 町と庄内村,名和村,光徳村の3村が合体して発足。 2005年大山町,中山町と合体して大山町となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なわ【名和】

姓氏の一。
[補説]「名和」姓の人物
名和長年(なわながとし)
名和靖(なわやすし)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

なわ【名和】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名和
なわ

鳥取県北西部、西伯(さいはく)郡にあった旧町名(名和町(ちょう))。現在は大山(だいせん)町の中北部を占める地区。大山の北麓(ほくろく)、日本海に臨む。旧名和町は1954年(昭和29)御来屋(みくりや)町と庄内(しょうない)、光徳(こうとく)、名和の3村が合併して成立。2005年(平成17)3月大山町、中山(なかやま)町と合併。旧町域の海岸部をJR山陰本線、国道9号が通じる。中心の御来屋は中世皇室領伯耆御厨(ほうきみくりや)の一つとみられる。1333年(元弘3・正慶2)名和荘(なわのしょう)の豪族(地頭)名和又太郎(またたろう)長年(ながとし)は、隠岐(おき)から遷幸(せんこう)の後醍醐(ごだいご)天皇を擁して船上山(せんじょうさん)に拠(よ)り、建武(けんむ)新政の先駆となった。御来屋は近世伯耆街道の宿場町。名和には長年らを祀(まつ)る名和神社がある。鳥取藩主池田光仲(みつなか)が氏殿権現(うじどのごんげん)を創建したのに始まり、付近には名和一族の墳墓などがある。大山山麓には地域休養施設夕陽の丘神田(ゆうひのおかかんだ)や旧開拓地がある。米作のほか二十世紀ナシ栽培、酪農、養豚、海産物ではアジ、ブリなどが水揚げされる。[岩永 實]
『『名和町誌』(1978・名和町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

名和の関連キーワード鳥取県西伯郡大山町上野鳥取県西伯郡大山町岡鳥取県西伯郡大山町古御堂鳥取県西伯郡大山町大山鳥取県西伯郡大山町所子鳥取県西伯郡大山町豊房鳥取県西伯郡大山町中高鳥取県西伯郡大山町平鳥取県西伯郡大山町前鳥取県西伯郡大山町御来屋

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名和の関連情報