コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名和 なわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名和
なわ

鳥取県西部,大山町中北部の旧町域。大山北麓から日本海に面する。 1954年御来屋 (みくりや) 町と庄内村,名和村,光徳村の3村が合体して発足。 2005年大山町,中山町と合体して大山町となった。町名は名和長年に由来。中心集落の御来屋は中世,隠岐から遷幸の後醍醐天皇の着船所で有名。名和一族をまつる名和神社をはじめ名和長年ゆかりの旧跡が多い。米作のほか二十世紀梨を産し,裾野や海岸平野には大山農場,神田開拓地,上光徳開拓地などがあり酪農が行なわれる。一部は大山隠岐国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

なわ【名和】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

名和
なわ

鳥取県北西部、西伯(さいはく)郡にあった旧町名(名和町(ちょう))。現在は大山(だいせん)町の中北部を占める地区。大山の北麓(ほくろく)、日本海に臨む。旧名和町は1954年(昭和29)御来屋(みくりや)町と庄内(しょうない)、光徳(こうとく)、名和の3村が合併して成立。2005年(平成17)3月大山町、中山(なかやま)町と合併。旧町域の海岸部をJR山陰本線、国道9号が通じる。中心の御来屋は中世皇室領伯耆御厨(ほうきみくりや)の一つとみられる。1333年(元弘3・正慶2)名和荘(なわのしょう)の豪族(地頭)名和又太郎(またたろう)長年(ながとし)は、隠岐(おき)から遷幸(せんこう)の後醍醐(ごだいご)天皇を擁して船上山(せんじょうさん)に拠(よ)り、建武(けんむ)新政の先駆となった。御来屋は近世伯耆街道の宿場町。名和には長年らを祀(まつ)る名和神社がある。鳥取藩主池田光仲(みつなか)が氏殿権現(うじどのごんげん)を創建したのに始まり、付近には名和一族の墳墓などがある。大山山麓には地域休養施設夕陽の丘神田(ゆうひのおかかんだ)や旧開拓地がある。米作のほか二十世紀ナシ栽培、酪農、養豚、海産物ではアジ、ブリなどが水揚げされる。[岩永 實]
『『名和町誌』(1978・名和町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

名和の関連キーワード子連れ狼 死に風に向う乳母車鳥取県西伯郡大山町御来屋仁義なき戦い 広島死闘篇知恩院宮尊峯法親王岐阜県岐阜市大宮町杵屋佐吉(3世)大和 杢右衛門名和昆虫博物館快人黄色い手袋見付清左衛門赤松清左衛門大和杢右衛門春日部重行名和[町]名和 好子資金源強奪名和 太郎後陽成天皇三環節論名和 靖

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名和の関連情報