コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦靭負 うらゆきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦靭負
うらゆきえ

[生]寛政7(1795).山口
[没]明治3(1870).6.1. 長門,阿月
江戸時代末期の長州藩士。長州藩家老国司就孝の子。名は元襄。浦家の養子となって家督を継ぎ,江戸家老国家老,加判役を歴任し,長州藩政に関与した。日記 62巻がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

浦靭負の関連キーワードエッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府幽霊(亡霊)教養小説みなと銀行東平(とうなる)地区隠岐の古典相撲京都非公開文化財特別公開

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone