コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浦靭負 うらゆきえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浦靭負
うらゆきえ

[生]寛政7(1795).山口
[没]明治3(1870).6.1. 長門,阿月
江戸時代末期の長州藩士。長州藩家老国司就孝の子。名は元襄。浦家の養子となって家督を継ぎ,江戸家老国家老,加判役を歴任し,長州藩政に関与した。日記 62巻がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

浦靭負 (うらゆきえ)

生年月日:1795年1月11日
江戸時代末期;明治時代の長州(萩)藩寄組
1870年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

浦靭負の関連キーワード赤根武人明治時代生年月日白井小助世良修蔵秋良貞温長門

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android