浩瀚(読み)コウカン

デジタル大辞泉の解説

こう‐かん〔カウ‐〕【××瀚】

[名・形動]
書物の多くあるさま。「浩瀚な蔵書」
書物の巻数やページ数の多いさま。「仏教に関する浩瀚著述

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかん【浩瀚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
広大なこと。特に、書籍の巻数やページ数の多いこと。また、そのさま。 「 -なる幕末史を編輯して/一隅より 晶子
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こう‐かん カウ‥【浩瀚】

〘名〙 (形動ナリ・タリ) 広大なさま。特に、書物などの量の多いさま。また、書物が大部であるさま。
※参天台五台山記(1072‐73)七「今来所要新訳経五百余巻。切縁所管経板万数浩瀚、逐時印造」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「買って帰って読んだ(カウカン)な医書によって見ても」 〔文心雕龍‐事類〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浩瀚の関連情報