コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浩瀚 コウカン

デジタル大辞泉の解説

こう‐かん〔カウ‐〕【××瀚】

[名・形動]
書物の多くあるさま。「浩瀚な蔵書」
書物の巻数やページ数の多いさま。「仏教に関する浩瀚著述

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかん【浩瀚】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
広大なこと。特に、書籍の巻数やページ数の多いこと。また、そのさま。 「 -なる幕末史を編輯して/一隅より 晶子
[派生] -さ ( 名 )

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

浩瀚の関連キーワードコップ(Hermann Franz Moritz Kopp)デルブリュック(Berthold Delbrück)クラウス(Karl Kraus)神の国(アウグスティヌスの著作)ヨハネス・クリソストモスメネンデス・イ・ペラヨヒルデスハイマーレビストロースリヒテンベルク法然上人絵伝ボーボアールクルティウスサハーウィールフォール本朝高僧伝クライニーヨルダヌス注釈学派皇朝史略吏部王記

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

浩瀚の関連情報