浮世袋(読み)ウキヨブクロ

大辞林 第三版の解説

うきよぶくろ【浮世袋】

掛け香ごうの一。絹を三角に縫って中に香を入れ、上の角にひもをつけたもの。江戸初期に流行し、のちに玩具がんぐとなった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うきよ‐ぶくろ【浮世袋】

〘名〙 近世初期に流行した袋で、絹を三角に縫い、中に綿を入れ、上の角に糸をつけたもの。遊女屋の暖簾(のれん)につけたり、匂い袋としたり、針仕事の縁起物などにしたが、早くすたれ、後に、子供の玩具となった。屠蘇袋(とそぶくろ)は、これに由来するという。
※俳諧・誹諧発句帳(1633)春「花花のつぼみはうき世袋哉〈重政〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の浮世袋の言及

【匂袋】より

…袋物としても燧袋(ひうちぶくろ)とともに長い歴史を持ち,正倉院御物に小香袋が7口現存している。江戸時代になると,匂袋は一般化し,浮世袋,花袋,誰袖(たがそで)などの名で親しまれ,蚊帳に掛けたり,花街ではのれんにつける習いがあったが,しだいに懐中して使う形に変化した。香料はおもに丁字(ちようじ),麝香(じやこう),竜脳(りゆうのう)などが使われ,いろいろな調合法があった。…

※「浮世袋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android