コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浮動層 ふどうそうfloats

1件 の用語解説(浮動層の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浮動層
ふどうそう
floats

(1) 社会構成からみた浮動の階層。意識的また無意識的に,自己の帰属する階層的自覚をもたない集団。 K.マンハイムは,その著『イデオロギーユートピア』 (1929) において,ブルジョア的またはプロレタリア的な階級意識をもたない階層の典型として知識階級をあげた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の浮動層の言及

【投票】より

…その結果,経済的に上向きのときには与党得票率が上昇し,不況時には下降するという一般的傾向が明らかにされている。 なお,投票に関する用語を二,三解説すると,〈浮動層〉とは選挙のたびごとに投票する候補や政党が異なる人々のことをいう。これに対して投票する候補が変わらない人々を固定層という。…

※「浮動層」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浮動層の関連情報