浮田一【けい】(読み)うきたいっけい

百科事典マイペディアの解説

浮田一【けい】【うきたいっけい】

江戸末期の画家。宇喜多とも書く。田中訥言の門人として復古大和絵派の運動に参加。勤王思想のため安政の大獄の際に一時入獄。代表作《子日遊(ねのひのあそび)》,和宮(かずのみや)降嫁をキツネの嫁入りに託して風刺した《婚怪草紙》など。
→関連項目岡田為恭

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android