復古大和絵派(読み)フッコヤマトエハ

デジタル大辞泉 「復古大和絵派」の意味・読み・例文・類語

ふっこやまとえ‐は〔フクコやまとヱ‐〕【復古大和絵派】

江戸後期、田中訥言たなかとつげん中心に古典的大和絵復興をめざして生まれた画派勤王思想と結びつき、浮田一蕙うきたいっけい岡田為恭おかだためちからは政治運動にもかかわった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「復古大和絵派」の意味・読み・例文・類語

ふっこやまとえ‐はフクコやまとヱ‥【復古大和絵派】

  1. 〘 名詞 〙 江戸後期に興った画派。田中訥言創始、当時沈滞していた土佐派住吉派に代わり、古典的大和絵の復興を目ざした。浮田一蕙冷泉岡田)為恭などが有名。また、明治期の歴史画家たちをも含めていうこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「復古大和絵派」の意味・わかりやすい解説

復古大和絵派 (ふっこやまとえは)

江戸後期から幕末に活躍した田中訥言(とつげん)とその門人浮田一蕙,渡辺清(1778-1861),訥言に私淑した岡田為恭(ためちか)らの画家を指していう。大和絵の原典に接してその模写を精力的に行い,土佐派住吉派ら既存の大和絵流派にとらわれず,源流をさかのぼって古典に規範を求め,活力ある大和絵の創造を試みたことに特色がある。古典に対する研究的姿勢は,国学・復古思想に基づく社会的潮流画壇に反映した側面をもつ。一蕙が攘夷運動に加わったことも特筆される。為恭が平安時代の障子絵を想像復元(大樹寺襖絵)するなど,古典に対する知的興味の先行も指摘できるが,《古今著聞集》などに取材した新しい主題をつくった積極面が評価される。明治期の菊池容斎ようさい),小堀鞆音(ともと)(1864-1931),吉川霊華(きつかわれいか)(1875-1929),松岡映丘(えいきゆう)(1881-1938)らの歴史画の先駆となった。
やまと絵
執筆者:

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ) 「復古大和絵派」の意味・わかりやすい解説

復古大和絵派
ふっこやまとえは

江戸後期、古典大和絵の復興を目ざして生まれた画派。江戸初期に宮廷幕府御用絵師として、大和絵の正統的な後継者となった土佐派や住吉(すみよし)派は、その地位に安住して形式主義に陥り、中期を過ぎるころには生新な創造力を失ってしまう。このような大和絵の衰微を鋭敏に感じた意欲的な画家たちは、王朝的美意識を真剣に求めて平安・鎌倉時代の大和絵を研究し、その近世的な復興を試みる作画活動を行った。田中訥言(とつげん)に始まるこの革新的な運動は、幕末の勤王思想と結び付いて支持者を得、訥言の門人浮田(うきた)一蕙(いっけい)や渡辺清、あるいは岡田(冷泉(れいぜい))為恭(ためちか)らによって推進された。

[加藤悦子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「復古大和絵派」の意味・わかりやすい解説

復古大和絵派【ふっこやまとえは】

江戸末期に興った画派。平安・鎌倉の古典的大和絵の様式にさかのぼって研究し,その復興を意図した。王朝世界への憧憬は尊王思想と結びつき,多くは王政復古運動にも加わった。先駆者である田中訥言のほか,浮田一【けい】岡田為恭らがいる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android