コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

復古大和絵派 フッコヤマトエハ

百科事典マイペディアの解説

復古大和絵派【ふっこやまとえは】

江戸末期に興った画派。平安・鎌倉の古典的大和絵様式にさかのぼって研究し,その復興を意図した。王朝世界への憧憬尊王思想と結びつき,多くは王政復古運動にも加わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふっこやまとえは【復古大和絵派】

江戸後期から幕末に活躍した田中訥言(とつげん)とその門人浮田一蕙渡辺清(1778‐1861),訥言に私淑した岡田為恭(ためちか)らの画家を指していう。大和絵の原典に接してその模写を精力的に行い,土佐派住吉派ら既存の大和絵流派にとらわれず,源流をさかのぼって古典に規範を求め,活力ある大和絵の創造を試みたことに特色がある。古典に対する研究的姿勢は,国学・復古思想に基づく社会的潮流が画壇に反映した側面をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふっこやまとえは【復古大和絵派】

江戸後期に興った画派。土佐派・住吉派にかわる古典的大和絵の復興を目指した。田中訥言とつげんを中心とし岡田(冷泉)為恭ためちかなど。皇室を尊重するところから討幕運動にかかわる者も多く、安政の大獄に連座した浮田一蕙いつけいなども出た。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

復古大和絵派
ふっこやまとえは

江戸後期、古典大和絵の復興を目ざして生まれた画派。江戸初期に宮廷や幕府の御用絵師として、大和絵の正統的な後継者となった土佐派や住吉(すみよし)派は、その地位に安住して形式主義に陥り、中期を過ぎるころには生新な創造力を失ってしまう。このような大和絵の衰微を鋭敏に感じた意欲的な画家たちは、王朝的美意識を真剣に求めて平安・鎌倉時代の大和絵を研究し、その近世的な復興を試みる作画活動を行った。田中訥言(とつげん)に始まるこの革新的な運動は、幕末の勤王思想と結び付いて支持者を得、訥言の門人浮田(うきた)(いっけい)や渡辺清、あるいは岡田(冷泉(れいぜい))為恭(ためちか)らによって推進された。[加藤悦子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

復古大和絵派の関連キーワード王政復古(日本)浮田一【けい】高久靄厓大石真虎

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android