コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上警固番役 かいじょうけいごばんやく

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょうけいごばんやく【海上警固番役】

鎌倉後期,北条氏専制のなかで瀬戸内海を中心とした山陽・南海両道に発布された鎌倉幕府の海賊取締制度。幕府はその支配権を西国に及ぼすようになると,瀬戸内海地域に跳梁する海賊の取締りにあたった。豊後国では1301年(正安3)国内の津々浦々の船は,その大小にかかわらず海賊船と区別できるように,船が所属する浦か在所の名,および船主の名を刻み込むように,また阿波国では24年(正中1)浦々できまった定紋を所属する船につけさせて海賊船との区別をはっきりさせよと命じている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android