コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上警固番役(読み)かいじょうけいごばんやく

世界大百科事典 第2版の解説

かいじょうけいごばんやく【海上警固番役】

鎌倉後期,北条氏専制のなかで瀬戸内海を中心とした山陽・南海両道に発布された鎌倉幕府の海賊取締制度。幕府はその支配権を西国に及ぼすようになると,瀬戸内海地域に跳梁する海賊の取締りにあたった。豊後国では1301年(正安3)国内の津々浦々の船は,その大小にかかわらず海賊船と区別できるように,船が所属する浦か在所の名,および船主の名を刻み込むように,また阿波国では24年(正中1)浦々できまった定紋を所属する船につけさせて海賊船との区別をはっきりさせよと命じている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android