コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海上運送事業法 かいじょううんそうじぎょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海上運送事業法
かいじょううんそうじぎょうほう

昭和 24年法律 187号。海上運送の秩序を維持し,海上運送事業の健全な発達をはかるための法律。海上運送事業を,船舶運航事業 (旅客定期航路事業,貨物定期航路事業など) ,船舶貸渡業,海運仲立業,海運代理店業に分け,その免許制,届出制のほか,種々の事業規制について規定している。なお,国内海上物品運送事業を中心とする内航海運業については内航海運業法が規制する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

海上運送事業法の関連キーワードHIROHITOアミノ安息香酸アンティオコス[3世]アンチオコス3世アンティオコス(3世)朝鮮人帰還協定アミノ安息香酸(データノート)ベネディクト ヘヴェデスベネディクト ヘヴェデス防衛施設庁談合

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android