コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海外危険情報制度 かいがいきけんじょうほうせいど

1件 の用語解説(海外危険情報制度の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

海外危険情報制度

外務省が海外の国や地域別の危険度を評価する制度。従来は、危険度1〜5で評価されていた。しかし2001年9月の同時多発テロ後に見直しが行われ、02年4月下旬、4段階の標語で危険度を評価する方式に改めた。新しい危険情報は「注意してください」「渡航の是非を検討してください」「渡航の延期を勧めます」「退避を勧告します」の4段階。具体的な危険の様態や対応策などは文章で表示している。これを受け、国土交通省も旅行各社に対して、「危険情報の内容や現地の状況などを踏まえた対応を取ること」「旅行者に情報を書面で伝えて十分に説明すること」などの通達を出した。日本旅行業協会(JATA)も自主ルールを策定。「渡航の延期を勧めます」「退避を勧告します」となった地域は、原則として主催旅行を中止する。一方で、「渡航の是非を検討」の地域は、現地の情報を収集して経路の変更など危険回避策を講じればツアーを実施できる、とした。危険情報が出ている国や地域でも、旅行会社の判断でツアーが決行できることになり、旅行者はこれまで以上に自己責任を求められる。

(平栗大地 朝日新聞記者 / 松村北斗 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone