コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海妻直縄 かいづま なおつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海妻直縄 かいづま-なおつな

1824-1909 幕末-明治時代の儒者。
文政7年8月17日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩儒井土学圃(いど-がくほ)の次男。父に儒学をまなび,京都で国学をおさめる。明治元年(1868)文武館和学総裁となる。翌年私塾をひらいた。6年遠賀(おんが)郡の高倉神社祠官。明治42年6月27日死去。86歳。初名は周邦。通称は静馬,久左衛門,甘蔵。号は己百斎。名は「ただつね」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

海妻直縄の関連キーワード牧野省三西部開拓史/活躍した「英雄」たちウェーラー安井息軒(やすいそくけん)リービヒ[各個指定]工芸技術部門ルイマクドナルドマクレー浅田育輝

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android