コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底表面探査機 かいていひょうめんたんさき

1件 の用語解説(海底表面探査機の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底表面探査機
かいていひょうめんたんさき

東京大学海洋研究所の開発で,扇状に送信した音波の海底表面からの反射波を観測し,画像に表す装置。海面下 100mを時速約 12kmで移動しながら左右それぞれ 60°の範囲に約 12kHzの音波を出し,表面堆積物の種類や地形による反射波強度の相違を濃淡画像に変換する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海底表面探査機の関連キーワード宇宙科学研究所メルツ海洋研究開発機構海洋アライアンス(東京大学附置機構)ISASシートピア海洋研究所東京大学医科学研究所東京大学大気海洋研究所国際沿岸海洋研究センター国際南極海洋研究

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone