コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海底資源 かいていしげんsubmarine resources

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海底資源
かいていしげん
submarine resources

海底上に存在する生物資源と海底上または海底下に存在する鉱物資源の総称。海底生物資源は,底生の魚介類と海藻類などで,主として大陸棚の資源である。大陸棚海底下の石炭および石油の開発は従来から進められており,日本では特に海底炭田の開発が進んでいた。 1975年以降の北海油田の開発によりイギリスが石油の「持てる国」になって以来,大陸棚底油田の探査は一層活発になっている。また,太平洋深海などにはマンガンノジュール (団塊) が広く分布しており,その経済的採取方法が各方面で研究されている。これは塊状または板状をなして海底に存在し,マンガン,鉄,ニッケルその他を含み,今後の重要金属資源である。さらに,海底下の金属鉱床の探査と開発の研究が進められている。日本では石油天然ガス・金属鉱物資源機構に所属している第2白嶺丸が探査活動を行なっている。しかし,開発にあたっては,領海,大陸棚または排他的経済水域の主張など,国際的に問題とされている点も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

海底資源【かいていしげん】

生物資源には浅海の藻類と大陸棚上底生魚類があり,漁場は海水流動に左右され海底地形と底質は関連する。現在開発中の大陸棚上の鉱物資源では海底油田が最も有望。海底炭田はスコットランド南東部,カナダ,チリで稼行(かこう)。
→関連項目資源

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海底資源
かいていしげん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

海底資源の関連キーワードウクライナとルーマニアの領土問題世界(the world)ブラックスモーカースプラトリー諸島海底表面探査機人類の共同財産国連海洋法条約南シナ海問題P3C哨戒機尖閣諸島問題国際海底機構南沙諸島機械掘り深海底白嶺丸有明海縁海

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海底資源の関連情報