海成蒸発岩(読み)かいせいじょうはつがん(英語表記)marine evaporite

岩石学辞典の解説

海成蒸発岩

海水が蒸発した結果,濃縮した岩塩堆積物で,海からちぎれて分離した盆地,または海岸に沿った平地,ラグーンなどに産出する.普通の塩の堆積物は石膏,硬石膏,岩塩(halite)で,一般的な堆積順序は,炭酸鉄,炭酸カルシウム,石膏,岩塩,硫酸マグネシウム塩化マグネシウム臭化ナトリウム,にがり塩である.この順序は不完全なことが多い.塩類の堆積物の型は,内陸の盆地の沈澱の場合に対して対照的であって,内陸盆地では炭酸ナトリウム硫酸ナトリウム硼酸などの塩類が普通である[Phillips : 1947, Bateman : 1952].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android