コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海成蒸発岩 かいせいじょうはつがん marine evaporite

1件 の用語解説(海成蒸発岩の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

海成蒸発岩

海水が蒸発した結果,濃縮した岩塩堆積物で,海からちぎれて分離した盆地,または海岸に沿った平地,ラグーンなどに産出する.普通の塩の堆積物は石膏,硬石膏,岩塩(halite)で,一般的な堆積順序は,炭酸鉄,炭酸カルシウム,石膏,岩塩,硫酸マグネシウム塩化マグネシウム臭化ナトリウムにがり塩である.この順序は不完全なことが多い.塩類の堆積物の型は,内陸の盆地の沈澱の場合に対して対照的であって,内陸盆地では炭酸ナトリウム硫酸ナトリウム,硼酸などの塩類が普通である[Phillips : 1947, Bateman : 1952].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海成蒸発岩の関連キーワード岩塩貫入岩減圧濃縮初生岩蒸発岩浸透還流オルソケム塩類堆積物メラハイトテペテイト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone