コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海水の成分 かいすいのせいぶん composition of sea water

1件 の用語解説(海水の成分の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

海水の成分

外洋の海水の塩分濃度は3.3〜3.8(平均3.5)%で、河口付近や雨の多い沿岸域では低く、逆に蒸発の激しい内海や、水分が凍結する氷海では高い。海水中の塩分はすべてイオンに解離しており、うち約80%をナトリウムと塩素が占める。主要なイオンの比率(濃度比)は、塩分濃度にかかわりなくほぼ一定だが、栄養塩類(生物体に必要な窒素、リンなどの酸化物)の量は海域と深さで大きく変化し、通常は深層水で最も濃度が高い。海水には多量(大気中の約60倍)の二酸化炭素が溶けており、生物に取り込まれて炭酸カルシウムの殻や骨を形づくる。炭酸カルシウムは生物体の死と共に海底に沈澱していく(生物学的ポンプともいう)が、一方で大気から新たに二酸化炭素が補充され、地質学的時間内では平衡が保たれている(二酸化炭素循環)。

(小林和男 東京大学名誉教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海水の成分の関連キーワードアラビア海海水海水温度磯焼けサリノメーターハロクライン塩分計鹹度クヌーセンの塩分公式溶存酸素量(DO)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海水の成分の関連情報