コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海江田万里 かいえだばんり

2件 の用語解説(海江田万里の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

海江田万里

日本の政治家、経済評論家。1949年2月26日、東京生まれ。72年慶應義塾大学を卒業。参議院議員秘書を経て、経済評論家として活動。その後、政治家に転身し、93年、衆議院議員総選挙(東京1区)に日本新党から立候補して初当選。96年には民主党の結成に加わり、党の総務委員長、政策調査会長、衆院財務金融委員長などを歴任した。2010年、菅改造内閣内閣府特命担当大臣に就任して初入閣し、11年には菅第2次改造内閣で経済産業相を務めた。12年の衆議院議員総選挙では小選挙区で2位落選するも比例区で復活当選、同選挙で6回目となる当選を果たした。同年12月、民主党代表選挙に出馬し、第10代民主党代表に就任。

(2012-12-27)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海江田万里 かいえだ-ばんり

1949- 昭和後期-平成時代の経済評論家,政治家。
昭和24年2月26日生まれ。参議院議員・野末陳平の秘書となり,のち経済評論家として活躍。平成5年日本新党公認で衆議院議員初当選(当選6回)。8年民主党(旧)の結党に参加。党総務委員長,党政策調査会長,衆院財務金融委員長などを歴任。22年菅改造内閣の内閣府特命担当相(経済財政政策科学技術政策)・宇宙開発担当相として初入閣,23年菅第2次改造内閣で経済産業相。24年総選挙で大敗した民主党の代表となる。26年総選挙で落選し,党代表も辞任。「『生活充実国』宣言」など経済関係の著作が多数ある。東京都出身。慶大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

海江田万里の関連キーワード石橋湛山高橋亀吉評論家秋元秀雄大島堅造木村禧八郎紅林茂夫斎藤栄三郎藤原弘達《経済評論》

今日のキーワード

朝鮮大学校

東京都小平市にある在日朝鮮人子弟のための学校。1956年設立,1968年各種学校として認可。朝鮮総連系の東京朝鮮学園が経営。大学教育に準ずる民族教育を目的とし,4年制の文学,歴史地理,政治経済,経営,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海江田万里の関連情報