コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海津幸一 かいづ こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海津幸一 かいづ-こういち

1804-1865 幕末の武士。
文化元年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。勘定奉行などをつとめる。万延元年(1860)ごろ藩尊攘(そんじょう)派の首領に推されるが,藩政をみだすとして蟄居(ちっきょ)させられる。のち復職して藩財政の再建に尽力慶応元年幕府の命による長州出兵に反対して捕らえられ,同年10月23日自刃(じじん)。62歳。名は正倫。通称は別に吉助

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

海津幸一

没年:慶応1.10.23(1865.12.10)
生年:文化1(1804)
幕末の筑前国福岡藩士。名は正倫,通称吉助,幸一。又市の長男。文政9(1826)年父の家督を相続。家禄20石6人扶持。文武目付,勘定奉行,到来奉行などを歴任。万延1(1860)年,桜田門外での大老井伊直弼暗殺後,海津ら筑前勤王党は力を得,藩主黒田長溥の江戸参勤を阻止,藩政の尊攘路線化を建白した。が,翌文久1(1861)年,藩政を妨げたとして蟄居,家禄没収の結果をみた。元治1(1864)年勘定所に復職し財政再建に取り組んだが,長州出兵に際し藩論は二分。佐幕派が勝利し,慶応1(1865)年,自宅禁固ののち枡木屋の獄において自刃を命ぜられた。辞世の歌「竹の杖つくともつきし老てなほ うき節しけき世をたとる身は」。

(岩下哲典)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

海津幸一の関連キーワード文化岩井半四郎歌川豊国ギャンジャブレイク(William Blake)海津幸一アメリカ美術フォーレアメリカ合衆国史(年表)奈破崙

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android