コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海潮[温泉] うしお

1件 の用語解説(海潮[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

うしお【海潮[温泉]】

島根県東部,大原郡大東町にある温泉。斐伊川支流の赤川上流域に湧出する山あいの温泉で,ボウ硝泉,49℃。《出雲国風土記》にも記され,奈良時代の発見といわれる歴史の古い温泉地で,能や謡曲の形式をとり入れた海潮神代神楽で知られる。赤川はホタルの名所であり,根元の周囲約14mの海潮のカツラ天然記念物に指定されている。19世紀末には県製炭業の拠点で,製炭法伝習所があり,第2次世界大戦中は陸軍病院分院もおかれていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

海潮[温泉]の関連キーワード赤倉温泉大湯温泉勝浦温泉地獄谷温泉玉川温泉堂ヶ島温泉斐伊川湯村温泉五色温泉雲南

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone