海潮[温泉](読み)うしお

世界大百科事典 第2版の解説

うしお【海潮[温泉]】

島根県東部,大原郡大東町にある温泉。斐伊川支流の赤川上流域に湧出する山あいの温泉で,ボウ硝泉,49℃。《出雲国風土記》にも記され,奈良時代の発見といわれる歴史の古い温泉地で,能や謡曲の形式をとり入れた海潮神代神楽で知られる。赤川はホタルの名所であり,根元の周囲約14mの海潮のカツラ天然記念物に指定されている。19世紀末には県製炭業の拠点で,製炭法伝習所があり,第2次世界大戦中は陸軍病院分院もおかれていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android