コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤川 あかがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤川
あかがわ

山形県西部を北流して日本海に注ぐ川。全長 70km。南部の朝日山地から流れる梵字川,大鳥川を合わせて鶴岡市の中央を北流する。かつては河口付近で最上川に合流したが,海水の逆流による水害多発のため,1927年酒田市南西部の砂丘を横断して新しい川を掘り,日本海に直接流れ込むように改修した。旧河道跡は水田となり,上流には荒沢ダム,八久和ダムなどがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あか‐がわ〔‐がは〕【赤川】

山形県北西部を流れる川。新潟県との県境にある以東(いとう)岳(標高1771メートル)北西麓の大鳥池に源を発し、庄内平野南部を北流して酒田市で日本海に注ぐ。長さ約70キロ。雪溶け水が豊富で、庄内平野の水田の灌漑(かんがい)に利用される。上流部を大鳥川ともよぶ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

あかがわ【赤川】

山形県西部,朝日・月山両山地に源を発する大鳥川や梵字川を合流し,北流して庄内平野南部を貫流,酒田市南部で日本海に注ぐ川。幹川流路延長70km,全流域面積857km2。1927年庄内砂丘を開削して新河口(西山新川)が造られるまでは最上川の最大の支流であった。庄内平野の穀倉地帯を潤すとともに,上流地域は八久和ダム(梵字川),荒沢ダム(大鳥川)などに発電所を有する県下一の電源地帯となっている。【中川 重】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔山形県〕赤川(あかがわ)


山形県西部を流れる川。朝日(あさひ)山地の以東(いとう)岳(標高1771m)北西麓(ほくせいろく)の大鳥(おおとり)池に源を発し、北流して庄内(しょうない)平野南部から日本海に注ぐ。1級河川(赤川水系)。延長70km。流域面積857km2。本流の上流部に荒沢(あらさわ)ダム、支流・梵字(ぼんじ)川に八久和(やくわ)ダムがある。赤川は1927年(昭和2)まで、最上(もがみ)川下流南岸に注ぎ、その支流だったが、日本海岸の砂丘を掘削し直接海に流れる独立した水系となった。1689年(元禄2)旧暦6月13日、松尾芭蕉(まつおばしょう)は『おくのほそ道』の旅の途次、鶴ヶ岡(つるがおか)城下町(現鶴岡市)から川舟でこの旧流路を下り、最上川河口北岸の坂田(現酒田市)に到着している。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤川
あかがわ

山形県西部を流れる川。一級河川。延長約70.4キロメートル、流域面積856.7平方キロメートル。朝日山地北部の大鳥池に源を発し、豪雪地帯で知られる月山(がっさん)、朝日山地を集水域とする梵字(ぼんじ)川などをあわせて北流し、庄内(しょうない)平野南半の穀倉地帯を潤して酒田市南部で日本海に注ぐ。1927年(昭和2)庄内砂丘を掘削した新河口放水路(西山新川)が完成するまでは、最上(もがみ)川最大の支流であった。上流には八久和(やくわ)ダム、荒沢ダムなどがあり県内最大の電源地帯。[中川 重]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤川の関連情報