海狸香(読み)かいりこう

百科事典マイペディアの解説

海狸香【かいりこう】

カストリウムとも。ビーバーの雌雄の包皮腺を乾燥したもの。強い動物臭があるが,うすめると芳香を発する。香成分は未確定であるが,エタノールに可溶の赤褐色の樹脂状物質40〜70%,微量の安息香酸,および4〜5%のカストリンを含む。かつては香料の原料とされたが,ビーバーが乱獲のため減少し,現在は実用に供されることは少ない。
→関連項目香料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かいりこう【海狸香】

カストリウムcastoreumともいう。ビーバー(海狸)の雌雄の包皮腺を乾燥した香料物質。強い動物臭があるが,うすめると芳香を発する。香成分は未確定であるが,エチルアルコールに可溶の赤褐色の樹脂状物質を40~70%,微量の安息香酸,サリン,4~5%のカストリンを含む。かつては重要な香料原料であったが,ビーバーはその毛皮が優秀なため乱獲されて著しく減少したため,実用に供されることは少なくなった。【内田 安三】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android