コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海難審判法 カイナンシンパンホウ

デジタル大辞泉の解説

かいなんしんぱん‐ほう〔‐ハフ〕【海難審判法】

海難審判に必要な組織および手続きを定めた法律。海難の原因を明らかにして、その発生の予防を目的とする。昭和22年(1947)施行、平成20年(2008)改正。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいなんしんぱんほう【海難審判法】

海難の審判に必要な組織と手続きを定めた法律。海難の原因を明らかにし、その発生防止に資することを目的とする。1947年(昭和22)制定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海難審判法の言及

【海難】より

…船舶の航行に関連して,船舶,積荷,人命が海上において遭遇する危険な状態をひろく指称する。海難審判法(1947公布)では,次のいずれかに該当する場合に,海難が発生したものとしている(2条)。(1)船舶に損傷を生じたとき,または船舶の運用に関連して船舶以外の施設に損傷を生じたとき,(2)船舶の構造,設備または運用に関連して人に死傷を生じたとき,(3)船舶の安全または運航が阻害されたとき。…

【海難審判】より

…海難が発生した場合,その原因を明らかにし,海難発生の防止に寄与することを目的とした行政上の制度であり,海難審判法(1947公布)に基づき,海難審判庁が行う審判。海難審判制度の立法主義には,二つの考え方がある。…

※「海難審判法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海難審判法の関連キーワード海難審判所海難審判庁海事公法海難審判海法船員

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android