コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海鷹 かいよう

2件 の用語解説(海鷹の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

海鷹
かいよう

旧日本海軍の改造航空母艦。 1943年 11月商船『あるぜんちな丸』より長崎三菱造船所で改造完成。基準排水量1万 3600t,速力 23kn。飛行機搭載数は常用機 24。 45年7月 24日,瀬戸内海を航行中に触雷。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

海鷹

大日本帝国海軍の航空母艦。日本の客船「あるぜんちな丸」からの改造空母。1943年11月改造完了。主にヒ船団の護衛に従事。1945年、別府沖にて触雷、城下海岸に座礁し除籍。1948年解体完了。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海鷹の関連キーワード空母海兵艦艇Kiev(航空母艦)Saratoga(航空母艦)Moskva(航空母艦)Lexington(航空母艦)Yorktown(航空母艦)軽航空母艦護衛航空母艦

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

海鷹の関連情報