コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浿水 ばいすい Pèi shuǐ

1件 の用語解説(浿水の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばいすい【浿水 Pèi shuǐ】

古代,中国と朝鮮との境界に存在した河川の名称。浿江ともよぶ。また漢の武帝設立の楽浪郡属県の一名称。浿水の名称が史上に初見するのは《史記》朝鮮伝で,〈復(ま)た遼東の故塞を修め,浿水に至りて界と為す〉と記され,漢代には浿水が2国の国境となっていたことが推察される。しかしその浿水を現在のどの河川に比定すべきかについては,史料の解釈をめぐって史家により見解を異にし,いまだに定説をみない。《漢書》や《通典(つてん)》には浿水と類似音の馬訾水が一名鴨緑江と記され,国内城の南を経て西南して海に注ぐとあるので,これが浿水の別称で浿水は鴨緑江をさすという立場の学者が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

浿水の関連キーワード境界古神道朝鮮語二級河川筑羅長白山分水界境界確定訴訟境界確認書境界杭=境界石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone