コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浿水 ばいすいPèi shuǐ

世界大百科事典 第2版の解説

ばいすい【浿水 Pèi shuǐ】

古代,中国と朝鮮との境界に存在した河川の名称。浿江ともよぶ。また漢の武帝設立の楽浪郡属県の一名称。浿水の名称が史上に初見するのは《史記》朝鮮伝で,〈復(ま)た遼東の故塞を修め,浿水に至りて界と為す〉と記され,漢代には浿水が2国の国境となっていたことが推察される。しかしその浿水を現在のどの河川に比定すべきかについては,史料の解釈をめぐって史家により見解を異にし,いまだに定説をみない。《漢書》や《通典(つてん)》には浿水と類似音の馬訾水が一名鴨緑江と記され,国内城の南を経て西南して海に注ぐとあるので,これが浿水の別称で浿水は鴨緑江をさすという立場の学者が多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

浿水の関連キーワード衛氏朝鮮

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android