コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今西竜 イマニシリュウ

4件 の用語解説(今西竜の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いまにし‐りゅう【今西竜】

[1875~1932]朝鮮史学者。岐阜の生まれ。京大教授。内藤湖南に師事。朝鮮半島で多数の古跡・史料を発見した。著「朝鮮古史の研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

今西竜 いまにし-りゅう

1875-1932 大正-昭和時代前期の朝鮮史学者。
明治8年8月15日生まれ。京都帝大助教授をへて大正15年京城帝大教授となり,京都帝大教授を兼任。遺跡調査や古代史を中心に研究。死後に「朝鮮古史の研究」「百済史研究」「新羅史研究」などが刊行された。昭和7年5月20日死去。58歳。岐阜県出身。東京帝大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いまにしりゅう【今西竜】

1875‐1932(明治8‐昭和7)
朝鮮史学者。岐阜県池田町の人。1899年東京帝国大学文科大学に入学,1903年大学院に入って朝鮮史を専攻。13年京都帝国大学講師,16年同大学助教授。22年朝鮮史研究のため2年間中国およびイギリスに留学。26年京城帝国大学教授となり,兼ねて京都帝国大学教授に任ぜられた。主として新羅・百済史研究を進めた。著書に《朝鮮古史考》《百済史研究》《新羅史研究》《朝鮮史の栞》などがある。秥蟬(ねんてい)県碑の発見者としても著名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今西竜
いまにしりゅう
(1875―1932)

朝鮮史学者。岐阜県出身。1903年(明治36)東京帝国大学文科大学史学科を卒業。以後一貫して朝鮮史の研究に携わり、多くの業績を残した。26年(大正15)京都帝国大学教授兼京城帝国大学教授として研究活動を行うとともに朝鮮総督府の古蹟(こせき)調査委員、『朝鮮史』編修会委員も務めた。その遺稿を編集したものに『朝鮮古史の研究』『百済史研究』『新羅史研究』『朝鮮史の栞(しおり)』などがある。また各種善本の収集と刊行の面でも成果をあげた。[村山正雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今西竜の関連キーワード会沢秋邨新井亀太郎遠藤武治小松直幹武田九平塚本小四郎能見愛太郎布施常松松下禎二宮島次郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone