コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池内宏 いけうちひろし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池内宏
いけうちひろし

[生]1878.9.28. 東京
[没]1952.11.1. 東京
東洋史学者,文学博士。 1904年東京大学史学科卒業。南満州鉄道株式会社の調査部に入り,のち東京大学に移り,25年教授。朝鮮満州史を専攻主著元寇の新研究』 (1931) ,『満鮮史研究』 (中世編,37,上世編,51) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いけうち‐ひろし【池内宏】

[1878~1952]東洋史学者。東京の生まれ。東大教授。朝鮮満州史および朝鮮の遺跡調査に業績がある。著「満鮮史研究」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池内宏 いけうち-ひろし

1878-1952 明治-昭和時代の東洋史学者。
明治11年9月28日生まれ。池内大学の孫。明治42年満鉄調査部にはいり,白鳥庫吉(くらきち)のもとで朝鮮,満州(中国東北部)の歴史地理を研究。大正14年母校東京帝大の教授。昭和4年設立の東方文化学院でも後進を指導した。学士院会員。昭和27年11月1日死去。74歳。東京出身。著作に「満鮮史研究」「文禄(ぶんろく)慶長の役」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いけうちひろし【池内宏】

1878‐1952(明治11‐昭和27)
朝鮮史,満州史の研究者。1904年,東京帝国大学文科大学史学科を卒業し,09年,満鉄の学術調査部に入り,白鳥庫吉の指導下に津田左右吉,稲葉岩吉らとともに朝鮮・満州の歴史地理を研究した。13年,東京帝国大学文学部講師,16年助教授,25年教授になり,39年に定年退職。その間,37年には帝国学士院会員になった。彼の研究視角は朝鮮史と満州史を一体とみる〈満鮮史〉であり,研究対象は前近代の政治史・戦争史であったが,研究方法は論理主義ともいうべきもので,論理の整合を求めて史料を徹底的に批判する点に特色があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いけうちひろし【池内宏】

1878~1952) 東洋史学者。東京生まれ。東大教授。朝鮮・満州(中国東北部)の古代・中世史を考証学的に研究。著「元寇の新研究」「満鮮史研究」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池内宏
いけうちひろし
(1878―1952)

東洋史学者。東北アジア(いわゆる満州、朝鮮)および日本の古代史の研究で優れた業績を残した。1904年(明治37)東京帝国大学文科大学史学科を卒業、1916年(大正5)助教授となり、初設の朝鮮史講座を担当。1922年(大正11)教授となり、多くの論文の執筆と有能な後進の育成に努めた。1937年、帝国学士院会員に推された。また南満州鉄道株式会社調査部の依頼による古代史研究面でも大きく貢献した。主要著書に『満鮮史研究』全6冊、『文禄慶長(ぶんろくけいちょう)の役』『元寇(げんこう)の新研究』全2冊、『日本上代史の一研究』などがある。[村山正雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

池内宏の関連キーワード河野通有昭和時代中世史白村江完顔部池内夫余考証尹瓘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android