コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消された年金 ケサレタネンキン

1件 の用語解説(消された年金の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けされた‐ねんきん【消された年金】

社会保険庁によって不適切に管理された年金記録のうち、社会保険事務所の職員によって意図的に改ざんされた厚生年金記録のこと。平成19年(2007)に発覚した年金記録問題明らかになった。オンライン化されている記録のうち、標準報酬月額が改ざんされた可能性の高い記録だけで6万9000件あるとされ、このうち年金受給者の記録約2万件については戸別訪問により確認作業・訂正が行われた。しかし、オンライン化されていない記録や加入期間が改ざんされたケースを合わせると約140万件に達すると推計され、記録の確認・回復作業が進められている。→宙に浮いた年金消えた年金

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消された年金の関連キーワード年金記録問題全国健康保険協会社会保険事務所宙に浮いた年金年金事務所年金相談センター厚生年金の消えた年金記録問題消えた年金記録年金記録確認地方第三者委員会全国健康保険協会(協会けんぽ)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone