コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消耗性色素 しょうもうせいしきそAbnutzungspigment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消耗性色素
しょうもうせいしきそ
Abnutzungspigment

古くなって壊れたミトコンドリア小胞体などの細胞器官は,リソソーム顆粒の働きで貪食空胞(ファゴソーム)の中に取り込まれて消化されるが,このときに消化しきれずに残された色素をさす。不溶性の脂質の一種で,脂褐素,リポフスチンともいう。顕微鏡で褐色顆粒として細胞内に見える。生理的状態でも存在するが,栄養不良や高齢になるとともに出現することが多くなる。このような場合,臓器も萎縮して褐色に見えるので,褐色萎縮と呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

消耗性色素の関連キーワード老衰

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android