コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消耗性色素 しょうもうせいしきそ Abnutzungspigment

1件 の用語解説(消耗性色素の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消耗性色素
しょうもうせいしきそ
Abnutzungspigment

古くなって壊れたミトコンドリアや小胞体などの細胞器官は,リソソーム顆粒の働きで貪食空胞(ファゴソーム)の中に取り込まれて消化されるが,このときに消化しきれずに残された色素をさす。不溶性の脂質の一種で,脂褐素,リポフスチンともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

消耗性色素の関連キーワード筋小胞体小胞体ミクロソームイブの仮説ミトコンドリアイブ粗面小胞体ミトコンドリアATPアーゼミトコンドリアDNAミトコンドリアDNAによるルーツ研究ミトコンドリア遺伝子

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone