コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消耗戦略 しょうもうせんりゃく

1件 の用語解説(消耗戦略の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消耗戦略
しょうもうせんりゃく

戦争作戦術の一つ。両敵対国 (陣営) が相手の単に純粋な意味における軍事力の消耗だけでなく,工業生産施設の破壊から国民の意識の面にまで及ぶいわゆる心理戦争によって,戦争能力そのものの消耗,剥奪を意図した戦術。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の消耗戦略の言及

【戦略・戦術】より

… 18世紀のフリードリヒ大王の時代は傭兵によっていたため,財政負担が大きく,兵力の損耗を極力避けなければならなかった。そのため,戦争においては,決戦をさけ,消耗戦略によってその目的を達成することにつとめた。18世紀末のフランス革命は,〈祖国は危機にせり〉の檄に呼応した志願兵の愛国心に基づいて,初めて国民軍隊を生む契機となり,そのための軍制,とりわけ徴兵制度を創り出すこととなった。…

※「消耗戦略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone