コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消耗戦略 しょうもうせんりゃく

1件 の用語解説(消耗戦略の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

消耗戦略
しょうもうせんりゃく

戦争作戦術の一つ。両敵対国 (陣営) が相手の単に純粋な意味における軍事力の消耗だけでなく,工業生産施設の破壊から国民の意識の面にまで及ぶいわゆる心理戦争によって,戦争能力そのものの消耗,剥奪を意図した戦術。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の消耗戦略の言及

【戦略・戦術】より

… 18世紀のフリードリヒ大王の時代は傭兵によっていたため,財政負担が大きく,兵力の損耗を極力避けなければならなかった。そのため,戦争においては,決戦をさけ,消耗戦略によってその目的を達成することにつとめた。18世紀末のフランス革命は,〈祖国は危機にせり〉の檄に呼応した志願兵の愛国心に基づいて,初めて国民軍隊を生む契機となり,そのための軍制,とりわけ徴兵制度を創り出すこととなった。…

※「消耗戦略」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

消耗戦略の関連キーワード戦術家戦略核敵対ふ三光作戦暴露戦術戦術兵器戦略・戦術戦術航空作戦プリベントパスプレー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone