コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

消耗戦 ショウモウセン

デジタル大辞泉の解説

しょうもう‐せん〔セウモウ‐〕【消耗戦】

人命や兵器・物資などを損失を無視して大量に投入する戦争。
赤字覚悟の販売競争、力を消耗するだけで効果の上がらない争いなどをたとえていう。「携帯業界は新機種投入と値下げ競争という消耗戦に突入した」「豪雨を押しての試合は、失策、四死球が続く消耗戦となった」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうもうせん【消耗戦】

互いに大量の物資・兵力などを投入して相手の疲弊を待つ戦い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

消耗戦の関連キーワードパックマンディフェンスガダルカナル島の戦いファルケンハイン第1次世界大戦ベルダンの戦太平洋戦争国家総動員戦略・戦術消耗戦略朝鮮戦争ペタン総力戦疲弊人命海軍物資兵力戦い

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

消耗戦の関連情報