コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡河時治 おうご ときはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡河時治 おうご-ときはる

あいかわ-ときはる

淡河時治 あいかわ-ときはる

?-1333 鎌倉時代の武将。
六波羅探題北条時盛の子という。越前(えちぜん)(福井県)牛原(うしがはら)の地頭。元弘(げんこう)の乱で朝廷方の豪族たちの蜂起(ほうき)をしずめるため牛原におもむく。六波羅陥落の知らせで部下がにげ,7000人余の平泉寺僧兵にかこまれ,正慶(しょうきょう)2=元弘3年5月12日自害した。姓は「おうご」ともよむ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

淡河時治の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android