コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡輪四郎兵衛 たんなわ しろべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

淡輪四郎兵衛 たんなわ-しろべえ

?-1695 江戸時代前期の武士。
野中兼山にみとめられ,万治(まんじ)元年土佐高知藩の郷士となる。明暦-万治年間の宇和島藩との境界争いでは兼山をたすけてはたらく。総浦奉行をつとめた。著作に「淡輪録」など。元禄(げんろく)8年2月28日死去。名は重信。姓は「たんのわ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

淡輪四郎兵衛の関連キーワード野中兼山

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android