コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼山 かねやま

2件 の用語解説(兼山の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兼山
かねやま

岐阜県南部,可児市北東の飛び地にある旧町域。木曾川中流部の南岸にある。 1889年町制。 2005年可児市に編入。戦国時代森氏の小城下町で,江戸時代には木曾川の河港として繁栄。美濃加茂市方面への通勤者が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼山
かねやま

岐阜県中南部、可児(かに)郡にあった旧町名(兼山町(ちょう))。現在は可児市の北方にあたる飛地地区。旧兼山町は1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)間に御嵩(みたけ)町を挟む形で可児市に編入された。中心地区は木曽(きそ)川左岸の段丘上にあり、天文(てんぶん)(1532~1555)初年に斎藤氏が古城(こじょう)山に城を築き、戦国時代には森可成(よしなり)の城下町となった。兼山湊(みなと)もあったところで、かつての灯台や石畳が残っている。町並みの上手に愛知用水の取入れ口があり、それより下流は兼山瀞(とろ)として知られ、景色がよい。[上島正徳]
『『兼山町史』(1972・兼山町) ▽『兼山町史 続』(2005・兼山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

兼山の関連キーワード岐阜県可児市今岐阜県可児市兼山岐阜県可児市久々利岐阜県可児市塩岐阜県可児市瀬田岐阜県可児市中恵土岐阜県可児市二野岐阜県可児市東帷子岐阜県可児市広見岐阜県可児市緑

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

兼山の関連情報