コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兼山 かねやま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

兼山
かねやま

岐阜県南部,可児市北東の飛び地にある旧町域。木曾川中流部の南岸にある。 1889年町制。 2005年可児市に編入。戦国時代森氏の小城下町で,江戸時代には木曾川の河港として繁栄。美濃加茂市方面への通勤者が多い。木曾川流域は飛騨木曾川国定公園に属する。北側に愛知用水取水口がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

兼山
かねやま

岐阜県中南部、可児(かに)郡にあった旧町名(兼山町(ちょう))。現在は可児市の北方にあたる飛地地区。旧兼山町は1889年(明治22)町制施行。2005年(平成17)間に御嵩(みたけ)町を挟む形で可児市に編入された。中心地区は木曽(きそ)川左岸の段丘上にあり、天文(てんぶん)(1532~1555)初年に斎藤氏が古城(こじょう)山に城を築き、戦国時代には森可成(よしなり)の城下町となった。兼山湊(みなと)もあったところで、かつての灯台や石畳が残っている。町並みの上手に愛知用水の取入れ口があり、それより下流は兼山瀞(とろ)として知られ、景色がよい。[上島正徳]
『『兼山町史』(1972・兼山町) ▽『兼山町史 続』(2005・兼山町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

兼山の関連キーワード高知県高知市北高見町高知県高知市丸ノ内岐阜県可児市兼山岐阜県可児市小説野中兼山淡輪四郎兵衛婉という女野市〈町〉長宗我部氏一木権兵衛南国[市]小原僖窟子野市[町]春野[町]山内忠豊小倉三省田岡典夫松浦天龍野中兼山兼山秘策

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

兼山の関連情報