コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淫祠 いんし

大辞林 第三版の解説

いんし【淫祠】

いかがわしい神をまつったやしろ・ほこら。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淫祠
いんし

いかがわしいものを信じて祀(まつ)るもので、性崇拝に基づくものが多い。道祖神の神体として石棒などの陽石や陰石を祀るものが各地に見受けられる。小祠(しょうし)に祀ったものもあるが、戸外に置かれたものも多い。金勢(こんせい)神、金精(こんせい)神と書かれたものがあり、東北地方ではコンセサマといっている。『遠野(とおの)物語』には、コンセサマを祀る家が少なくない。この神の神体はオコマサマとよく似ている。オコマサマの社(やしろ)は里に多くあり、男の物をつくって捧(ささ)げる、とある。
 土淵(つちぶち)村(旧岩手県上閉伊(かみへい)郡、現遠野市)の和野という所の石神は1本の石棒で、畑の中に立ち、女の腰の痛みを治すといわれていた。下野(しもつけ)日光の金精峠はよく知られているが、明治維新前までは日光山の御師(おし)の家で、金精大明神の守り札を出していたという。神奈川県の川崎大師の近くに金山神社という小祠がある。いまは若宮八幡(はちまん)の境内にあり、男の物を神体としている。この名の神社には性神を祀ったものが多い。男女和合の形象を刻したものは道祖神にみられるが、それとは別に秘仏として祀られているものに、密教の大聖歓喜天によるものがある。これら性神は、男女和合、安産祈願、災難除去、悪魔払い、金銭富貴など現世的利益を求めた信心によるものが多い。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

淫祠の関連キーワード允・印・咽・員・因・姻・寅・引・慇・殷・淫・胤・蔭・院・陰・隕・隠・隱・音・韻・飲島村光津村田清風淫祠邪教廃仏毀釈近藤芳樹ほこら和合神警察邪教

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android